えっくすじゃ〜に〜「Nutanixはじめました」

こちらは、商用版Nutanixについて調べたことや感じたことをメモったり長々とつぶやいたブログです。あくまでも個人の見解であり、正確性を保証するものではございません。参考程度にご覧ください。

(202203版)CVMのvCPU/メモリ要件について

以前、CVMのvCPU/メモリサイズについて投稿したことがありましたが、リソースの考え方は変わっていないか、新たなドキュメントが出ていないか、メモがてらまとめます。

x-journey.hatenablog.com

Field Installation Guideを確認する

基本的な考え方は前回と変わっていませんでした。

Nutanixでは、Foundationというインストールツールを用いて初期セットアップを行いますが、CVMのリソース初期値はFoundationによってCVMが作られた時の値となります。

Foundationの手順書となる「Field Installation Guide」内のCVM vCPU and vRAM Allocationという章にて、割り当てられるリソースの詳細が語られています。

https://portal.nutanix.com/page/documents/details?targetId=Field-Installation-Guide-v5_1:fie-cvm-cpu-allocation.html

CVMのvCPU要件について所感

  • 初期セットアップ時に自動設定
  • サーバーの物理CPUコア数により変動する
  • 一般的と言える範囲内のサーバー構成では、1CPUのコア数がvCPUのコア数となる(最大12vCPU)
  • AMDプロセッサー搭載サーバーの場合、世代によりコア数が決まる

CVM NUMA node とは

The number of vCPUs are set to the number of physical cores in the CVM NUMA node. CVM NUMA is the NUMA node that is connected to the SSD storage controller. The minimum or maximum values are as follows:

CVMに割り当てられるvCPU数は、CVM NUMAノードの物理コア数、または表にある最小もしくは最大の値が設定されるとのことです。

"CVM NUMA node"は、CVMのディスク領域として用いるSSDSCSIコントローラーが使用するNUMA nodeのことを指す模様。

dense(高密度)の場合はメモリ要件UP↑

dense(高密度)とは、ノードあたりに搭載したディスク容量が非常に多い構成を指します。

1ノードに搭載されたHDDの合計容量(オールフラッシュ構成の場合はSSDの合計容量)が80TBを超える場合はdenseとみなされ、メモリ要件が増えます。

以下のKBに指標があり、これはNCCでチェックされ、Prismでアラートされます。

ストレージ機能利用によるメモリ増設要件

先ほどまではハードウェア構成によってCVMのメモリ要件が変わることを伝えましたが、この他にもNutanixのストレージ機能を有効化する場合にメモリを増設する必要があります。この要件は、Prsimのドキュメントに記載があり、ハードウェアに必要な要件にさらに追加するものと考えられます。

AOSアップグレードによるCVMメモリ増設要件は無くなった?

こちらは最近気になっているのですが、

以前のドキュメントには「AOSアップグレード時にCVMメモリサイズが32GB満たない場合に4GBずつ増設する」といった記述があったと思いますが、最近は見当たりません。以前はAOSアップグレードする際に4GB増やさないとアップグレードさせてもらえなかったのですが、今は無くなったのかもしれません。

CVMのメモリ要件について所感

  • 初期セットアップ時に自動もしくは手動で設定
  • 一般的と言える範囲内のサーバー構成では、20GBが自動設定される
  • CVMのメモリサイズをケチってしまうとパフォーマンスに直結してしまうため、Nutanix Sizerによるサイジング結果程度にはメモリを増やしておいたほうが良い(だいたい32GB)

 

以上、CVMのvCPU/メモリ要件まとめ 202203版 でした。

CVMやPrism Centralのhomeディレクトリ配下の容量を減らしたいとき

こちらは、Nutanix Advent Calendar 2021において、私が担当した12/4分の記事となります。

https://adventar.org/calendars/6154

今回のテーマ

Nutanixを長いこと運用しているといつかは(わりと早々に?)ぶつかる、CVMやPrism Centralのhomeディレクトリの容量問題について、今回も自分なりのメモ書きをまとめました。

※こちらを参考にご対応いただく際は自己責任でお願いします。

※本番環境の場合、メーカーサポートの指示を受けることをおすすめします。

homeディレクトリの容量問題とは

CVMやPrism CentralといったNutanixのコンポーネントは、Linux CentOS(最近はCentOS 7.9)をベースに提供されており、homeディレクトリ配下には設定情報やハードウェアの構成情報、ログ情報、バージョンのアップグレードに使用する際に格納したバイナリファイルなどが保存されています。

Nutanixを運用していくと、このhomeディレクトリ配下にファイルが蓄積され、NCCによるアラート通知で以下のようなhomeディレクトリの使用率が75%を超過したメッセージがPrism UIに出力されます。

WARN: Prism Central VM x.x.x.x home partition disk usage exceeds warning limit 75 %. 

75%くらいならまぁいいだろうと放っておいてもすぐに枯渇することはないのですが、LCMのアップグレード作業なんかに影響します。

アップグレード実行前のプリチェックでこの辺をしっかり監視していまして、75%未満でないとアップグレード処理が中断してしまいます。

 

そこで今回は、CVM(AOS)とPrism Centralにおける不要ファイルの削除方法について調べました。

続きを読む

Red Hatサポート目線でのRed Hat Enterprise Linux(RHEL)on Nutanix AHVの注意点

先日、ようやくRed Hat社によるNutanix AHVがサポートされました。

これにより、Nutanix AHV上でRed Hat Enterprise LinuxRHEL)を起動されることがRed Hat社からもサポートされるようになりました。

Nutanix社からは以前よりサポートされていました。AHV自体はCent OSによるKVMをベースとしたハイパーバイザーですので技術的にはREHLできるということはわかっていたとしても、商用OSでサポート契約する際に肝心のハイパーバイザーがサポートされていないとなると二の足を踏んでいた方もいたと思います。

ここで1つ課題がありまして、両者におけるサポート範囲には差異がある。ということに注意が必要です。

Nutanix AHVでは冒頭述べたとおり、以前からREHLをサポートしていましたので、AOS 5.5のAHV上でREHL 6の起動なんかもサポートされていました。

しかしながら、Red Hat社がNutanix AHVをサポートし始めたのは最近のことです。

過去のAHVやREHLバージョンに遡ってサポートされているわけではありませんので、そこを認識いただきたいと思います。

Nutanix AHVにてサポートされるゲストOS情報はこちら(My Nutanixアカウント要)

https://portal.nutanix.com/page/documents/compatibilityinteroperability-
matrix/guestos

Red Hat社にてサポートされるAHV情報

https://catalog.redhat.com/hardware/servers/search?p=1&c_catalog_vendor=Nutanix

 

こちらは、2021年10月26現在の情報となりますが、Red Hat社がサポートするAHVバージョンは2つだけ表示されています。

f:id:hmlab:20211026195449p:plain

AHVのバージョン表記でわかりづらいため、AOSバージョン表記で考えたいと思います。

この情報をもとにAHVのリリースノートから逆引きすると、

AHV 20201105.2030 はAOS 5.20(5.20.0.1)~
AHV 20190916.564 はAOS 5.15.6 ~

ということがわかります。

このように現時点では最新および1つ前のLTS(長期間サポート)となるAHVバージョンのみがサポートされていることがわかります。

この情報は今後アップデートされるかもしれませんが、REHL on AHVの導入を検討いただく際の参考情報としていただけましたら幸いです。

 

Prism Centralで「non-Nutanix」環境を監視してみる

Prsim Centralの監視機能が強化され、Nutanix基盤ではないvSphere環境もPrism Centralで監視できるようになっています。

監視手順や、画面を確認しましたのでご紹介します。

ただし、本機能を利用するためにはPrismの上位エディションである、Prsim Proが必要となります。

環境

Prism Central バージョン:2021.09

監視対象vSphere環境バージョン:vSphere 6.7 Update 3

続きを読む

Files 4.0で搭載された新UI「Files Console」とは?

Files 4.0のリリースノートに記載のある、Files Consoleとはどういうったものなのか、確認できたことをお知らせします。

 

Files Cosoleは、Filesバージョン4.0で搭載されたFilesを管理する新しいユーザーインターフェースです。

Files 4.0のリリースノートには以下のとおり、記載されています。

Nutanix Files 4.0 Release Notes

https://portal.nutanix.com/page/documents/details?targetId=Release-Notes-Files-v4_0:Release-Notes-Files-v4_0

"Introducing the Files Console! The Files web console provides a new interface for administering and configuring a file server from the Files control plane rather than from the Prism Element UI. For a detailed overview and steps for navigating the Files Console, refer to the Nutanix Files User Guide."

どうやら、ファイルサーバーの管理に特化したUIが提供されているようです。早速覗いてみましょう。

続きを読む

イメージサービス登録時のImage Source URLに127.0.0.1(ループバックアドレス)が使用できなくなっていた

AHVのイメージサービスにおいて、ストレージコンテナに格納してあるファイルをアップロードする際にURL形式で指定しますが、その時のホスト部分についてはこれまで127.0.0.1(ループバックアドレス)が使えていたはずなのですが、先日行ったところ以下のようなエラーとなりました。

f:id:hmlab:20211011203114p:plain

このAOSのバージョンは、AOS 6.0.1ですので、これより前のAOS 5.20あたりではもしかしたらまだ使用できるかもしれませんが、未確認です。

以前、こんな記事も書いていましたが、URL指定でのアップロードができないと困るので記事として残しておきます。

x-journey.hatenablog.com

続きを読む

Prism Central 3ノード構成でPrism Centralをアップグレードしたらどうなるのかやってみた

3ノード構成にしたPrsim CentralをLCMを操作してアップグレードを行いました。

1ノード構成だった時は、Prism Centralのバージョンを上げている最中はサービスが止まり、Webブラウザからもログインできなくなるため、成功するのか失敗してしまうのか、Webブラウザで繋がるまでにハラハラしながら結果を待っていました。

3ノード構成となったPrism Centralのアップグレードでは、サービスの可用性が提供されているため、アップグレード中もPrism Centralを使用し続けることが可能になっている。はず!

ということで、Prism Centralのアップグレードをサービスを停めることなく成功するのか確認しました。

続きを読む